たまにしか使わない調味料を使い切りたい

たまにはいつもと違う料理を作ってみようとおもったとき、普段は使わないような調味料が必要となることがありますね。その料理のために購入するのはちょっとなと思ってしまう部分もありますが、調味料は味を決める大切な存在であるため、なかなか妥協ができないものでしょう。しかしいざその料理を作ったあと、余った調味料はどうしたら良いのかと悩んだ経験をされた方はきっと多いのではないかと思います。私の場合余らせてしまってこまったのがシナモンでした。アップルパイを作ったときに使ったのですが、その後活用できる料理が浮かばなかったのです。ひとまずマーガリンを塗ったトーストにふりかけてみたり紅茶に入れてみたりしたのですが思うように減らず苦労しました。こんなときに料理にもっと明るければいろいろと活用できたのかなと思ってしまいます。醤油や塩などの主要調味料はすぐに使い切れるのに、たまにしか使わないものはこんなにも苦労を強いられるのだなと実感した体験でした。