普通のしょうゆより我が家で人気の調味料

日々使う調味料の中でも抜群に重宝をしているのは、しょうゆ代わりに使うビミサンです。見た目はしょうゆと変わりませんが、濃縮をされているとても濃いつゆであり、旨味が普通のしょうゆとは全く違います。原材料に砂糖混合ぶどう糖果糖液糖などを含む甘みもありますが、そうだがつおやアミノ酸の調味料など、様々な成分を含む和風味の万能調味料です。5倍濃縮という濃さですから、そのままだと味は強いものの、本当になんの調理にも使うことができます。常に使えるように醤油さしには普通のしょうゆではなく、ビミサンを入れているほど我が家では好評です。蕎麦やそうめんを食べるときの麺つゆにもなりますし、煮ものを作る際にもビミサンを使うと、濃厚で味わい深い仕上がりになります。野菜炒めなどに使うこともできますし、大根おろしや冷ややっこにもピッタリです。鰹節から出汁をとるこだわりであり、市販のしょうゆと比べて少し値段が高いところはネックですが、それ以外は文句のつけようがありません。たまに煮物を普通のしょうゆで作ると、コクと旨味が違うことから、家族の箸の進みが遅くなります。そしてビミサンで作った煮物などは、あっという間に食べきってくれるので、我が家ではビミサンが欠かせません。