調味料を使うなら正確な量を心がける

調味料は、使う時に量をしっかり確認することが料理で失敗しないためのポイントです。

忙しく料理を作っている時は、わざわざ計量スプーンを使わないで適当に調味料を入れてしまうことがあります。塩コショウぐらいならそれでも良いのかもしれませんが、砂糖、味噌、ケチャップ、お酢、みりんなどの調味料を適当に入れてしまうのはあまり良いことではありません。

調味料は量によって味がだいぶ左右されますので、レシピ通りの量を守って使うのが理想的です。それをせず感覚だけを頼りに調味料を使ったら、味にどうしてもバラつきができてしまいます。それでたまたま上手くいけば良いですが、そうならなかったらとてももったいないです。

小さじと大さじだけでも良いですから計量スプーンをしっかりと準備し、調味料を入れる時はできるだけレシピ通りの正確な量を使うことがとても大切です。

調味料は、料理の味を決定付ける重要な役割を果たします。ですので、適当な量で入れると失敗する可能性がありますから注意です。