お酢の健康効果や豆知識について

お酢は調味料の中でも古い歴史を持っており、暮らしの様々な場面で活用されています。今回はお酢が持っている健康効果や暮らしで役立つ豆知識について紹介したいと思います。今は合わせ酢という便利なお酢もあるので食事にお酢を取り入れるのも簡単です。お酢の購入は通販からできるので効果を知ってどんどん活用して欲しいです。

1・お酢の健康効果

お酢は便秘気味の人に対して便秘改善の手伝いをしてくれます。これはお酢には胃酸の分泌を促進させる効果があり、胃酸やお酢が胃や腸を刺激するので、腸の働きを活発にしてくれるのです。また、お酢は腸内の善玉菌の数を増やしてくれるので、腸内環境を整えた上で動きを活発となり便秘の改善に役立ってくれるのです。

その他にも、お酢の主成分である酢酸には高めとなっている血中脂質を低下させてくれる効果があることが判明しています。血中脂質が多い高脂血症の状態となっていると高血圧と共に動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気に繋がるので、お酢を摂取することでリスクを低下させることが出来るのです。

また、お酢にはガンの抑制効果や疲労回復効果などがあることも知られています。

2・暮らしで役立つ豆知識

・脂っこさを和らげてくれる

お酢には脂の粒子を細かくする効果があり、脂身の多い肉や煮物に少しお酢を加えることで、さっぱりと美味しく食べられるようになります。

・魚の臭みを和らげる

お酢には魚の臭みを和らげる効果があります。これは魚の臭みの原因であるトリメチルアミンという成分にお酢が反応して、酢酸トリメチルアンモニウムという成分に変化するので、臭いの原因を元から断つことが出来るからです。お酢は水で2〜3倍に薄めて魚を洗うようにすると良いでしょう。

・素材の色を鮮やかにする

ゴボウやレンコンは酢水にさらしたり、お酢を加えたお湯で茹でることにより色を鮮やかに保つことが出来ます。これはお酢が酸化酵素の働きを抑えることにより褐変を防ぐからなのです。

・殺菌効果に優れている

お酢には高い殺菌効果があることが知られており、包丁やまな板・スポンジ・布巾といった台所用品の殺菌に使用することが出来るので、小さな子供がいる家庭での食中毒対策にも役立ちます。