合わせ酢で健康的な毎日を

小さい頃は、酢はちょっと酸っぱいので苦手だったのですが、大人になるとたまに食べたくなります。味覚が大人になったということと、脂肪を減らすなど体に優しいイメージがあるのも、その要因かもしれません。その実、お酢には非常に良い健康効果があります。手軽な合わせ酢でも良い健康をもたらしてくれます。お酢はどんな種類でも同様の効果を得られるのも一つの強みです。通販でおいしい飲む酢もあるのでそれを積極的に使うのも良いと思います。

お酢を使って健康的なメニューへ

酢を使ったメニューは、自宅ではあまり作りません。鍋の時にポン酢を使うことが一番多いです。ポン酢は、湯豆腐や冷奴、サラダのドレッシングとして使うことも。手巻き寿司を家で食べる時、酢を酢飯作りに使うこともあります。また、餃子を食べる時、しょう油に酢やラー油を入れて食べることも多いです。

酢をとるのは、もっぱら購入したメニューです。最近は、黒酢で作った酢豚がお気に入り。ふつうの酢よりも酸っぱくなく、味にまろ味があります。これは、スーパーの惣菜コーナーで購入しています。ふつうの酢を使ったメニューだと、魚関係ではしめ鯖と柿の葉寿司。しめ鯖は、真空パック状のものを買うことが多いです。柿の葉寿司は近くに買うところがないので、たまに見つけると買いたくなってしまいます。これも、あまり酸っぱさがないところがいいです。ゆでタコとわかめの酢の物は、自宅でもたまに作るメニューです。他には、もずく酢もたまに食べたくなります。これは、居酒屋のお通しで食べてから、好きになりました。
正月には、にんじんと大根のなますを、毎年大体食べています。リンゴ酢にはちみつが入ったドリンクもたまに飲みます。都こんぶという駄菓子も、大人になってから好きになりました。

さっぱりとした味になるお酢

油を使ったメニューを食べ過ぎて、身体がちょっと重い感じの時、酢が欲しくなるような気がします。こんな症状の時にはこんな酢のメニューが効く、とわかりやすく教えてくれる、お酢の知恵袋のようなホームページがあると、献立や健康状態を管理するのに便利かなと思いました。あまりとりすぎると、逆に身体の負担になってしまうようなので、これからもほどほどに、定期的に酢をとっていこうと思っています。