健康的な青汁VS飲みやすい青汁

青汁はまずい飲み物の印象

青汁というと体に良い健康飲料で味はそれほどおいしくないというものを大体の方は思い浮かべるかもしれませんが、最近ではおいしい桑の葉の青汁の通販と思えないようなものがあるって知っていましたか?苦い思いをせずに飲めるのならそっちを摂りたいという気持ちもありつつ、効果はあまりないのでは?と疑ってしまいます。今日は健康的で飲みやすい青汁をまとめたいと思います。

健康的な青汁はいわゆる「まずい青汁」です。コレを飲めば体に効きそう、良薬は口に苦しという言葉を思い浮かべます。青汁のなかでも明日葉を使用しているものはビタミン、βカロテンを始め、体に良いさまざまな栄養があの一杯に詰まっています。野菜不足の解消には明日葉。大麦若葉やケールよりはまだ飲みやすい部類なので、青汁を飲むなら明日葉で。

飲みやすい青汁として上げられるのは断然桑の葉の青汁です。青汁の常識を覆すようなお茶のようなおいしさで口当たりもさっぱりとしていてのどをすっと通るような感じです。おいしい分効果が低いと思われがちですが、桑の葉には豊富なカルシウムと鉄が含まれて射ます。加えて桑の特有の成分DNJが糖質をカットしてくれます。青汁といいつつもお茶のようなおいしさなので、何杯でも飲めそうな青汁です。

どちらも単純に苦いだけ・おいしいだけじゃないということです。それぞれの健康効果は違うので、自分に何が足りないのかを見つめてから使う青汁を決めるといいかもしれません。