家族の多様化で変化する食事

今では合わせ調味料が多くの市場を占めています。もちろん昔から使われる調味料はありますが、昔とは違い家族の形が多様化し縮小している今の生活に見合ったものが多く必要とされます。また、近年では健康志向な人も多く、特に家族を持つと健康面をしっかりと考慮した料理を作る方が多いように思います。

家族をつなぐ料理のあり方は昔とは全く違う形へと変化しています。家族の形が変わるのであれば、家族の食事を支えるものはより可能性を広げたものへと変化するのが当然のことなのだと思います。そこに正解はなく、それぞれの家族のあり方が正しいものなのだと思います。今までの調味料は伝統や家庭の味を守る部分が多くありましたが、あわせ調味料はその手軽さを武器に、家庭に「楽」を提供する調味料となっています。料理の意味が今と昔で変わってきたのだとそのように感じます。

毎日食べる食事だからこそ、周りの変化に敏感に対応していかねばならないと様々な家族のあり方、食事のあり方を通して感じました。